乾燥肌とニキビの関係性について

乾燥肌とニキビの関係性について

ニキビは一般的に皮脂汚れが毛穴へ詰まる事で炎症を発生させる症状であり、その多くは皮脂の過剰分泌もしくは皮膚表面の毛穴汚れが悪化した結果として引き起こされます。

 

思春期においてはホルモンバランスの乱れが原因となって、顔や首回りなどの皮脂分泌量が一時的に増加する事から発症リスクが高く、余分な皮脂を落とすスキンケアが日常的に求められます。

 

同じような理由から脂性肌へ分類される肌質の人は年齢に関係なく注意が必要で、余分な脂分を皮膚の表面へ蓄積しないような手入れを行わなければなりません。

 

その為、皮脂量の少ない乾燥肌とは関係性が薄いように思われ気味ですが、肌が乾燥を起こしている状態では皮脂膜の形成を促す目的で皮脂の分泌量自体が過剰な傾向となるので、肌質に限らずニキビができる可能性は十分考えられます。

 

また、乾燥肌の状態では水分の無くなった角質層が硬くなり、その影響から毛穴の収縮を招く事で毛穴汚れが詰まりやすい状況へ陥る場面が多くなります。

 

これらは主に乾燥ニキビと呼ばれている症状が該当し、少量の皮脂分泌であっても汚れとして詰まってしまうリスクが生じる点に注意しつつ、皮脂の除去と保湿を同時に心がける事が対策の一つです。

 

 

page top