乾燥肌対策の化粧水選び方

乾燥肌の改善には、肌の保水力を上げることが重要になるため、油分主体の乳液やクリームよりも化粧水が重要になります。

 

油分を過剰に肌に補給していると皮脂を出す力を失い、肌がさらに乾燥していきます。

 

乾燥肌対策の化粧水選びのポイントとしては、保湿を目的にしたタイプを選ぶことです。

 

乾燥肌対策の化粧水選び方

選ぶ際には、肌の表面だけが保湿されるのではなく、角質層の深い部分まで保湿成分がしっかりと浸透することで、保水力が取り戻されます。
そのため、保湿成分だけでなく浸透力にも注目することです。

 

保湿成分の浸透力が高いとキメが乱れた肌でもなじみやすいため、より効果を実感しやすくなります。
乾燥肌対策には、セラミドが重要になります。

 

肌をダメージから守るセラミド

バリア機能の回復には、セラミドがかかせませんが、乾燥肌の人は、セラミドが少なくなっていることが多いです。
バリア機能を回復させることで、潤いを逃さない肌へと変わることができるため、セラミドが配合されているタイプや肌がセラミドを作り出せるように促すタイプを選ぶことです。

 

乾燥が悪化した肌は、敏感になっているため、パッチテストなどをしてから使用することです。
また、肌のターンオーバーには最低でも28日間はかかるため、ある程度の期間継続して使用することが大切です。

 

 

化粧水,乾燥肌,保湿,セラミド,バリア

乾燥肌対策の化粧水記事一覧

母の滴は、クレンジングクリーム、洗顔クリーム、化粧水、美容液などのコスメやサプリメントを販売しています。その特徴はプラセンタを成分として用いていることです。プラセンタは医薬品から化粧品、健康食品まで、現在幅広い分野で用いられるようになりました。たとえば、乾燥肌対策化粧水では、プラセンタが配合されていることによって、単に肌に潤いを与え水分量を保つのに働いてくれます。これはプラセンタがハリやもっちり肌...